« よくできた妹 | トップページ | 必然の再会 »

2007年1月27日 (土)

ROCKな人

自分のスタイルを貫き、築き上げてる人は
音楽の世界に限らず
ROCKな人だと思います。

10年後の自分も想像できないのに
74歳の自分なんて、まったくの論外だ。
ましてや、その歳まで僕は生きているのだろうか?
生きていたとしても唄っているのだろうか?
自信はない。

「ウィリー・ネルソン」
今年で74歳になるカントリー・ミュージック界の大御所だ。
未だに現役バリバリで今日もきっとドコかで唄っているのだ。
日本の演歌界で例えるならば…
「北島三郎」さんとでも言えばいいのだろうか?

そんなウィリーが72歳時のライブDVD
「アウトロー・エンジェルス」を観ていると
それだけでアメリカのテキサス州辺りの国道を
砂埃をあげオープンカーでドライヴしている気分になれるのだ。

ジャンルを越えたミュージシャン友達が
次から次へとステージへ登場しウィリーと共演するのだ♪
ボブ・ディラン
アル・グリーン
ジョー・ウォルシュ
キース・リチャーズ
ベン・ハーパー
キッド・ロック
ロス・ロンリー・ボーイズ
キャロル・キング
リッキー・リー・ジョーンズ
…and more!

切りがない。(笑)
そしてナニよりも
「ジェリー・リー・ルイス」だ!
ソレはもー、盛り上がらないハズがない!!!
ステージ上で、いい歳コイタおっさんミュージシャンたちが
みんな無邪気な子供になってる様が
もうね。サイコー!!!(大爆笑)
もう、楽しくて楽しくて、どうしよう↑↑↑。

ライブはウィリー定番の曲
「On The Road Again」で終演。
日頃、抱えているクダラナイコトや不安なんぞ
忘れさせてくれる103分なのです。

♪旅に出たくてたまらなくなった
仲間と音楽を創って
旅に出かけたい
初めての土地を旅して回ろう
まだ見たことのないものを
探しに行こう♪

「On The Road Again」 by Willie Nelson


10年後の自分も想像できないのに
74歳の自分なんて、まったくの論外だ。
ましてや、その歳まで僕は生きているのだろうか?
生きていたとしても唄っているのだろうか?
自信はない。

もし、奇跡的に唄ってられたとしたら
♪まだ見たことのないものを探しに行こう♪
なんてフレーズを顔じゅうシワだらけの自分が
笑顔で唄える74歳でありたいと思うんだな。

自分のスタイルを貫き、築き上げてる人は
音楽の世界に限らず
ROCKな人だと思います。

『アウトローズ&エンジェルス』
↓by ウィリー・ネルソン&フレンズ
Outlaws_angelswillie_nelson_friends

|

« よくできた妹 | トップページ | 必然の再会 »

コメント

いくつぐらいだったけな…僕の親父が大ファンで[スターダスト]を半永久的に聴かされた以来僕もずっとファンです。
[LIVE AID]かなんかに出て来た時カンドーしたなぁ。

投稿: K児 | 2007年1月28日 (日) 11時42分

K児♪

僕も『スターダスト』好きです。
親父さんと話が合いそうです。(笑)

じゃあ、また♪

投稿: 野辺剛正 | 2007年1月29日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よくできた妹 | トップページ | 必然の再会 »